ホーム >  書籍 >  絵描き 中島潔 地獄絵1000日

書籍

Publication

絵描き 中島潔 地獄絵1000日

エカキ ナカジマキヨシ ジゴクエ1000ニチ

西所 正道 著

絵描き 中島潔 地獄絵1000日
  • 定価 本体1,800円+税
  • 判型 四六判上製
  • 頁数 224頁+カラー口絵12頁
  • ISBN 978-4-908110-02-3

動画:絵描き 中島潔 地獄絵1000日

内容紹介

修行僧のように画力を絶えず磨き、新しい題材に挑み続ける画家が歩んだ“地獄絵への道のり”を伴走する感動のノンフィクション。

“わらべ画”で有名な「風の画家」中島潔が、東日本大震災からわずか1年しか経っていない2012年3月、突如、「地獄絵を描きたい」と口にし始めた。

「なぜ地獄絵なのか?」「そこに込められた思いは何か?」

本書は1人の“絵描き”が歩んできた道程をたどるため、本人へのたび重なるインタビューと、数多くの貴重な証言取材をもとに構成されている。

目次

  • カラー口絵
  • 三枚の“地獄絵”
  • 「雨宿り」から「大漁」まで
  • 地獄心音図(じごく こころね ず)
  •  
  • 1章 お天道様が見ている
  • 2章 起点――母との別れ
  • 3章 地獄絵に書かれた「心」
  • 4章 誰にも見せない「箱」の中
  • 5章 運を鷲づかみする
  • 6章 地獄絵と救済
  • 7章 パリ市民を感動させた「鰯」
  • 8章 母なる慈悲に包まれて

著者紹介

西所 正道(にしどころ まさみち)

1961年奈良県吉野生まれ。京都外国語大学卒業。雑誌記者を経てノンフィクションライターに。 著書に、東京オリンピック出場者のその後の人生を描いた『五輪の十字架』(NHK出版、1996年)、 戦前上海にあった対中国エリート養成校・東亜同文書院の卒業生の戦中戦後の活躍を追った 『「上海東亜同文書院」風雲録』(角川書店、2001年)、怠けているのではないかと勘違いされやすい病気にさいなまれた人たちを描いた『そのツラさは、病気です』(新潮社、2006年)がある。

関連情報

中島潔 オフィシャルホームページ

http://www.nakashimakiyoshi.com/

2017年 展覧会情報

・丹波市植野記念美術館

7月8日(土曜)~9月10日(日曜)

新作「新しい風」5部作とともに地獄心音図(じごくこころねず)5連作、故郷の詩シリーズなどのほか、六道珍皇寺の「熊野観心十界図」の複製画も展示もされます。

美術館へのアクセスや開館時間、料金などの詳細についてはこちら↓からご覧ください。

http://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/bijyutukan-accessjyouhou.html

 

・富山県 水墨美術館

9月15日(金)~11月5日(日)

大椿山六道珍皇寺公式ホームページ

http://www.rokudou.jp

◯“迎え鐘”鐘楼 落慶法要

7月18日(火曜)午前10時~

◯夏の特別拝観

7月15日~7月17日(3日間)/午前9時30分~午後4時30分

鐘楼落慶を記念し、金紙墨書御朱印9種セットの授与も行います。

◯精霊迎え 六道まいり

毎年8月7日〜10日(4日間)/午前6時~午後10時

ご購入

ご購入は下記のサイトからお願いいたします。

※ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • Honya Club
  • e-hon
  • アマゾン
  • ローチケ HMV
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス