ホーム >  書籍 >  実録 戦国北条記

書籍

Publication

実録 戦国北条記

ジツロク センゴクホウジョウキ

伊東 潤 著

実録 戦国北条記
  • 定価 本体1,600円+税
  • 判型 四六判・並製
  • 頁数 280頁
  • ISBN 978-4-9010-32-99-5

著者が熱く語る

本書の読みどころ

動画を見る

内容紹介

大胆な構想と圧倒的な筆力で、今、最も注目される歴史小説家が、一気に読破したくなる戦国北条五代の通史を書き上げました。

“戦国の梟雄”として知られる初代・早雲の伊豆侵入(明応2年・1493)から、豊臣軍に敗れ“滅亡”(天正18年・1590)に至る,約100年間、五代にわたる北条氏歴代は、麻の如く乱れる関東をどのように席捲していったか? 多くの戦国大名家のなかで、きわめてユニークな存在であった北条家の通史を軍事・外交の面だけに焦点を絞って展開した、歴史読みものの傑作。

“ビジョナリ―・カンパニー・戦国北条氏”は、初代・早雲から三代・氏康期前半まで、関東に巣食う「古河公方」「関東管領山内上杉家」「相模守護扇谷上杉家」など守旧勢力を、たび重なる合戦と調略で吸収・併合によって関東の半ばを制圧しました。ところが氏康統治期の後半から、戦国北条氏の軍事・外交戦略の様相は大きく姿を変えてゆきます。甲斐武田や越後上杉など、獰猛で巨大な隣接勢力との力のぶつかり合いとなり、やがて西国の“超巨大勢力”豊臣軍によって、北条家100年の歴史は幕を閉じます。この最後の戦いまでの経緯についても、本書では大きな疑義を呈しながら、戦国北条氏に対する歴史的再認識を迫っています。

著者紹介

伊東 潤(いとう じゅん)

昭和35年(1960)神奈川県横浜市生まれ。

早稲田大学卒業後、外資系日本企業に勤務後、2007年『武田家滅亡』(角川書店)でメジャーデビューを果たし、文筆業に専念。 12年『国を蹴った男』で吉川英治文学新人賞、13年『巨鯨の海』で山田国太郎賞、14年『峠越え』で中山義秋文学賞を受賞。ほかに『死んでたまるか』『武士の魂』など著書多数。

ご購入

ご購入は下記のサイトからお願いいたします。

※ストアによって商品のお取扱いがない場合がございます。あらかじめご了承ください。

  • 紀伊國屋書店
  • honto
  • TSUTAYAオンラインショッピング
  • Honya Club
  • e-hon
  • アマゾン
  • ローチケ HMV
  • セブンネットショッピング
  • 楽天ブックス